Event is FINISHED

自分のまちを見つめてみる 〜まちの魅力を伝えるプロが語る伊丹と尼崎の「ココ、素敵やねん」〜 あまがさき縁側会議 vol.04

Description
今回のゲストは、伊丹市の都市ブランド観光戦略課の中田由起子さんと尼崎市の都市魅力創造発信課の江上昇さんのお二人。今回はこのお二人に「まちの良さを語るバトル」を繰り広げていただきます。

お二人にお聞きしたいことは、
・治安は、やっぱり尼崎の方がかなり悪いんですか?怖いまちなんですよね?
・市内、市外の移動ってどうなってるんですか?
・伊丹と尼崎って、おしゃれなところあるんですか?
・まちを代表(レペゼン)する「イチオシ」を教えてくださいよ
・伊丹と尼崎が生んだ有名人(すごい人)って誰ですか?ほんまに有名なんですか?
・市が運営する施設で、素敵で面白いところはあるんですか?
・誰にも言わないんで、正直どう思ってるんですか?ほんまのやつ聞かせてください
など。また、それだけでなく、意外と知られていない伊丹と尼崎の関係性も紐解いていただきます。

ギャラリーのみなさんには、それぞれの回答をお聞きいただき、「この分野では尼崎の方がええな」「えー!伊丹めっちゃいい感じやん」などと評価していただきたいと思っています。そして、最終的には「どちらのまちがわたしにとっては良く見えたか」ということを判定いただきたいと思っています。開催場所が尼崎で、主催者も尼崎出身ということなので、なんらかのハンデおよび伊丹からの助太刀が必要かと思われます。

こんな方が対象のイベントです。
・尼崎と伊丹の魅力をもっと知りたいと思っている方
・まちづくりやローカルなことに関心のある方
・尼崎の最近の動向が気になっている方、尼崎のことをもっと知っていきたい方
・尼崎で何か仕掛けようと思っている方
・中田さんと江上さんに物申したい方

どなたでもご参加いただけますので、ぜひこの機会にお越しくださいませ。

----------

「あまがさき縁側会議」は、尼崎市内で活動している方と、尼崎市外で活動している方が二人縁側に腰掛けてゆるーくお話しするように開催するダイアログイベントです。
毎回2名、ゲストスピーカーをお招きし、話を聞いて、驚き、共感し、あるいは疑問を持ち、対話する。お酒を飲みながら、気軽に。

もっと、あまがさきのことを知りたい。
もっと、あまがさき以外のことも知りたい。

「あまがさき縁側会議」は、“参加して満足”のイベントではありません。
参加することで、今までつながっていなかったもの同士がつながり、新しい状況や活動が生まれていく。
参加されるみなさんで、新しい動きをつくっていきましょう。
「あまがさき縁側会議」は、そのための“ローカルプラットフォーム”です。

さあ、あまがさきなみなさん、集まってください。

■ゲスト
中田 由起子(なかた ゆきこ)伊丹市役所総合政策部/都市ブランド・観光戦略課/主任
1979年伊丹市生まれ。教育委員会事務局や中心市街地活性化担当を経て、勤続20年を迎えた今、シティプロモーション担当に。仕事・家事・育児のワークライフバランスを取りながら生まれ育った伊丹のPR に奔走中。

江上
昇(えがみ のぼる)尼崎市役所シティプロモーション推進部/都市魅力創造発進課/係長
1978年大阪市生まれ。尼崎市在住。大阪大学文学部卒。在学中に松竹芸能に所属し、漫才師に。5年間の活動を経て、2006年から現職。尼崎市役所内の自主研修グループ「夜カツ」の立ち上げ・運営や、難しい行政課題をお笑いの手法を用いてわかりやすく伝える「お笑い行政講座」のほか、「尼崎ENGAWA化計画」「ビブリオバトル普及委員会」「NPO法人ファザーリング・ジャパン関西」など。公務員と地域の関わり方について実践的に模索中。


■進行・コーディネーター
藤本 遼(ふじもと りょう)尼崎ENGAWA化計画/コミュニティエディタ
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。尼崎ENGAWA化計画代表。コンセプトは「あいだと余白のデザイン」。現在は、イベント・ワークショップの企画運営や空間のプロデュースなど、場づくりやまちづくり・公共空間の活用に関する仕事を行う。また、会議・ワークショップのファシリテーターも務める。代表的なプロジェクトに「RekuRe(りくり)」、「amare(あまり)」、「尼崎ぱーちー」、「CO-KURASU PROJECT」「ことはじめかいぎ」などがある。クリエイティブアウォード関西2015グランプリ受賞。


■時間・プログラム
19:00〜 趣旨説明・自己紹介
19:15〜 ゲストトーク・クロストーク
20:30〜 休憩
20:40〜 クロストーク②・質疑応答
21:30  終了

■会場
塚口さんさんタウン3番館6F「amare(あまり)」前スペース
尼崎市南塚口町2-1-3 阪急塚口駅すぐ

「amare(あまり)」
むかし喫茶店だった場所を、延べ228名もの方に関わっていただきながら完成させたスペースです。完成図はつくらずに、今ここにいる人たちで考えながら改装しました。「amare」は、つくったり、まなんだり、あそんだりしながら、たくさんの出会いが得られたり、くらしを楽しむきっかけが見つかったりする、そんな、まちの「ENGAWA」です。

http://amagasakiengawa.com/amare/ (WEBサイト)
https://www.facebook.com/amagasakiamare/(facebookページ)

■定員
30名

■参加費
2,000円(尼崎にまつわるフード・ドリンク付き)

Fri Feb 24, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amare(あまり)
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
尼崎市南塚口町2-1-3 塚口さんさんタウン3番館6F Japan
Organizer
尼崎ENGAWA化計画
3 Followers